iPhone修理海老名で探す時の注意点について

iPhone修理海老名をキーワードに探してみると、沢山のお店がヒットしますが何処のお店へ持って行く場合にも確認しておいた方が良いポイントが幾つかあります。

まずiPhoneを修理に持ち込む会社がappleが正規に展開しているGeniusBarや、ビックカメラやカメラのキタムラ等の正規店かそれ以外の非正規店かをチェックして下さい。どっちに持って行くにしてもiPhone事態の修理は出来ますし、iPhone修理海老名で探してみれば、海老名周辺でも両方お店が出て来ますが、サポート内容に違いがあります。正規修理店に修理を依頼した場合には、購入した初年度の場合はメーカー保証で修理してもらえますので必ず保証書を持参する様にします。Softbankやドコモ、au等のキャリアは関係無くやってもらえます。

ただし、この時に注意が必要なのは保証範囲内でやってもらえる無料修理は、過失による故障は対象外であるという事です。水没させてしまうとか、不注意で落として画面を割ってしまう等は対象外になりますので、iPhone修理海老名で探す時にも、注意する様にしないといけません。有料保証の方になると、AppleCare+に入っていた場合はガラス割れに関しては、1回に付き3400円で行ってもらえます。ただ、この時も注意点があり、保証金で14800円が必要な事と保証修理は2回までという制限がある事をチェックして下さい。ちなみに保証期間は2年間であり、ガラス割れ以外の故障の場合は11800円である事もポイントになります。後はデーターは基本的に消えてしまう事と、本体の場合は取り換えになる事が多いの等も確認しておいて下さい。非正規修理店の方もiPhone修理海老名で探せば、沢山出て来ますが、此方の場合は不具合のあるパーツを交換しての修理になりますので、データーが消える事はありません。

水没した場合でもデーターの救出が出来る事が多く、待ち時間も正規店よりもだいぶ短い事が大きいメリットです。ただし、デメリットもありフレームや一部パーツの不具合で動かなくなったという以外で、機械の根本が壊れてしまった等という場合には非正規店で対応は出来ません。更に、非正規店で修理を行ってしまうと、正規店修理が必要な場合でも断られてしまう可能性があります。ちなみに、正規のappleの保証書がある場合には、一応持って行った方が良いですが非正規店の場合では使えない事も確認しておきたいポイントです。以上を総合すると、バックアップを常時確保していて正規店の保証を持っている場合は、正規店修理の方が安くなる事があり、バックアップが無い状態でデーターの救出を図りたい様な時には非正規店の方が適切である事が見えてきます。iPhone修理海老名で修理店を探す時には、この点を必ず押さえる事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *